我が家にやってきたばかりの頃、生後3、4ヶ月か

臆病な犬で落ち着かない
飼い主に似たものが来たかと苦笑しながら相手をする

よく晴れた秋の午後、遊び疲れて日溜まりに寝た姿に
遠く忘れていた懐かしいものを思い出す
二度と戻らない日々

胎内に 戻りて眠る 様に寝る

秋の陽に 誘われしは 母の胸