生きている 意味分かるかと 樹に聞かれ

勝ち目無い にらめっこして 春の山



これは結構インパクトがある
山道の曲がり角、強い視線を感じて足を止めた

なにやら心の中を見透かされているような気分になってくる
この樹に出会ってからもう何年も経つ

急な斜面であった
無事だろうか?
この視線はどのように変化したろうか?