夏の野に 同行二人 雲とあり

草原を 雲揺蕩うて 嶺遠し


大いなる 雲過ぎゆきぬ 夏野かな

ニュージーランドの草原は広い
それを覆う空はもっと大きい
その空を雲がゆったりと流れる
草原は穏やかだが一方で安易に踏み入ることを
許さない気迫のようなものが漂う

いつかこういう景色の中に身を置きたかった・・
そして今その中にいる

どこまでも雲を追って行きたい

人の一生のはかなさを痛切に感じ取る一瞬