山路を歩くと 伐採された木の切り口に鮮やかな年輪を見ることがある
その年輪にひきつけられるのは何故だろう?
これは木の一生の記録であり、眺めては様々な想像を巡らせる

丁度桜の季節
落ちた花びらが切られた木を悼んでいるように見えた

木が年輪を晒すことは、伐採されて一生を終わった時
伐採されなければ年輪を秘めたまま朽ちてゆく

人もまた年輪を刻む
平凡に一生を終わったように見える人々
その多くが立派な年輪を刻んでいることを忘れがちではある

切り株を 悼みて今年の 春終える
花散りて 若木の頃を 偲びけり