冬空に 虹消えゆくを 惜しみけり
 
冬空に虹を見る経験は少ない  つい室内にこもりがちなせいだろうか
ふとベランダに出て気がつき、あわててカメラを取りに戻る
夕暮れ時とて、赤くなりかけた太陽光が雲に散り空は明るい  さらに明るい虹が副虹を伴って見事である
何枚か撮ったあと、部屋に戻った
美しいものが消える様を見ているのは忍びない

夢ひとつ失せたるごとし虹消えぬ  武井美代子