風光る 手向けたる花 揺らぎいて

 
風車 いくつ回すや 千の風


恐山にある宇曽利湖
その浜辺には逝ってしまった人々を偲び
花や風ぐるまが並ぶ

円通寺そのものは1200年以上前の開山であるが
広大な恐山霊場の整備は硫黄鉱山跡の転用により
戦後のことである

多くの人に、あの世とこの世との接点と
感じさせる雰囲気は十分

人間は無意識にこのような地の存在を求めているようだ
湖面を吹きわたる風に回る風ぐるまの音が物悲しく響く