本場でも パンダの尻や 有難き

中国、成都のパンダ保護繁殖センター
成都大熊猫繁育研究基地 が正式名である
数十頭のパンダがいる広大な施設であるが、見物客でごった返している

世界中から客が来るが何と言っても中国人が多い
パンダの人気は大変なものである
放し飼いになっているいくつもの区域を縫っている迷路のような道を
ひたすら歩いてよく見えるパンダを探す

気まぐれな動物のこととて、木の上にいたり、道から遠いところ場所で
寝て居たりとフラストレーションのたまる観光ではある
そんなわけで、道のそばにいるパンダは尻をこちらに向けて寝ているが
大勢の人が群がって写真を撮っていた